WACCの意味とは?加重平均資本コストの計算方法や式も!ワック/資本コスト/負債比率

ビジネス用語

スポンサーリンク

WACC(加重平均資本コスト)の意味とは?どのような使われ方をしているかも紹介!

WACC(加重平均資本コスト/ワック)の意味、資本コストの概要と負債比率との関係性も解説!

WACC(加重平均資本コスト/英:Weighted Average Cost of Capital/ワック)とは、会社の運営に必要不可欠な資金を、株主や銀行などから調達するために費やすコスト(資本コスト 後述)を算出するためのものです。
資本コストとは、主に借り入れの際に生じるコストを表す負債コストと、株式等での資金調達の際のコストを表す株主資本コストで構成される言葉です。

WACC(加重平均資本コスト)を構成する2つのコスト、負債コストと株主資本コストのそれぞれの意味を見てみましょう。
負債コストに含まれるのは主に、借り入れの際に発生する利息や、債権を発行する際に生じる費用である発行費用とその支払い利息があります。
株主資本コストは文字通り株式を発行して資金を調達する際に生じる費用になります。負債コストの利子に相当するものであり、出資者の期待している利回り(投資家が期待するキャピタルゲインの総和)になりますが、予め数値化されている利子率とは異なり、株主の状況に応じて、期待している利回りは大きく異なるので、株主資本コストを正確に数値化するのは難しいです。
一般的に株主の求めるリターンはリスクとの兼ね合いにより算定されますので、ボラティリティの高い株式であれば株主資本コストは高くなるといえるでしょう。その意味で、株主資本コストが最も高くなりうるのはベンチャーキャピタルによる投資になるかと思います。

このようにWACC(加重平均資本コスト)は性質の異なる2種類のコストで構成されますので、これらのバランスを考慮した上で、資本コストを最適化することは会社経営において重要な要素の1つになります。 一般的に負債コストの方が株主資本コストよりも低いので、負債比率が高い程資本コストは低下します。しかしながら、負債比率を上げ過ぎるとそもそも借り入れが難しくなりますし、極端に負債比率の大きい企業は財務体制が不安視される可能性もあります。従って、負債比率を極端に上げることなく、バランスよく株式での調達も混ぜる必要が出ます。

WACC(加重平均資本コスト)がビジネスで登場する場面

WACC(加重平均資本コスト)の概要がわかったところで次に、WACCがどのような場面でどんな方法で使用されるのかを学んでみましょう!
WACCとペアで使われる概念として代表的なのはROIC(投下資本利益率/英:Return on Invested Capital/ロイック)です。ROIC(投下資本利益率)とは企業の活動や事業に使ったお金が、投資額に対しどれだけの割合でリターンを出しているかを計算する方法の一つです。計算方法は税引後営業利益を負債額と資本金額で割るという極めて簡単なものです。これは株主を筆頭にしたステークホルダーが、その会社の評価する大きな指標の一つです。

つまり、WACC(加重平均資本コスト)すなわち、事業を行うためのお金を調達するためのコストが、ROIC、事業によって得られたリターンを上回るということは避けなければならないという結論が得られます。従って、WACCはその事業のROICと比較して、事業投資に値するものかどうかを図る指標になります。このことを意味して、WACCはその事業が超えるべき収益性のハードル、すなわちハードルレートと呼ばれることもあります。
WACC(加重平均資本コスト)を算出した上で、既存の事業や新しく行おうとしている事業のROICがそれより低く出てしまう用であれば、その事業の収益体制やビジネスモデルには一考の余地があるということかもしれません。

スポンサーリンク

WACC(加重平均資本コスト)の意味を知った上で、計算方法や算出式をご紹介!

WACC(加重平均資本コスト)の式

上記がWACC(加重平均資本コスト)の計算式になります。WACCの算出方法は比較的簡単ですが、1点気を付けなければならない点があります。
それは、負債コストの金額を算出する際に、税率-1がかけられている点です。これは、負債コスト自体に節税効果があるためです。(金利費用は損金計上できるため、税控除を受けることができます。WACCの計算ではこの分をコストから差し引いて計算をする必要があります。)
このコスト削減効果を計算した上で、負債コストを算出し、別で算出した株主資本コストを足す、というのがWACCの算出方法になります。

WACC(加重平均資本コスト)の計算方法・例

WACC(加重平均資本コスト)の計算方法が分かったところで、実際に計算してみましょう。
例えば、資本金30億円、負債額15億円の会社があり、負債コストが5%、株主資本コストが10%、税率が30%だった場合のWACCを計算してみましょう。
まずは負債コストです。
5%×(1-30%)×15億÷(30億+15億)
=5%×70%×33%
=1.15%
になります。
次に株主資本コストです。
10%×30億÷(30億+15億)
=10%×66%
=6.6%
です。
従ってWACC(加重平均資本コスト)は

1.15%+6.6%で7.75%となります。

先述の通り、株主資本コストを算出するのが非常に難しい部分になりますが、それさえクリアできればWACC(加重平均資本コスト)の計算自体は極めて簡単に行うことができます。

スポンサーリンク

WACC(加重平均資本コスト)を知って、自分のビジネスに生かそう!

事業の本質的価値を見抜く、経営人材に

WACCの計算方法が分かり、ROICとの関係性も分かって頂けたかと思います。
では、ご自身の会社の事業などにこれらの式を用いると、どうなるでしょうか?
答えは、その事業が評価に値するものか否かの判断軸が見えるということです。先にも述べた通り、WACCがROICを上回っている事業、すなわち投下する資本を集めてくるコストが、投下した際のリターンを上回っている事業は、収益性の改善や撤退など経営判断が必要になる場合があります。WACCを考慮に入れて、資本調達コストを最適化すること

WACC(加重平均資本コスト)の意味とは?どのような使われ方をしているかも紹介!
WACC(加重平均資本コスト/ワック)の意味、資本コストの概要と負債比率との関係性も解説!
WACC(加重平均資本コスト/英:Weighted Average Cost of Capital/ワック)とは、会社の運営に必要不可欠な資金を、株主や銀行などから調達するために費やすコスト(資本コスト 後述)を算出するためのものです。
資本コストとは、主に借り入れの際に生じるコストを表す負債コストと、株式等での資金調達の際のコストを表す株主資本コストで構成される言葉です。

WACC(加重平均資本コスト)を構成する2つのコスト、負債コストと株主資本コストのそれぞれの意味を見てみましょう。
負債コストに含まれるのは主に、借り入れの際に発生する利息や、債権を発行する際に生じる費用である発行費用とその支払い利息があります。
株主資本コストは文字通り株式を発行して資金を調達する際に生じる費用になります。負債コストの利子に相当するものであり、出資者の期待している利回り(投資家が期待するキャピタルゲインの総和)になりますが、予め数値化されている利子率とは異なり、株主の状況に応じて、期待している利回りは大きく異なるので、株主資本コストを正確に数値化するのは難しいです。
一般的に株主の求めるリターンはリスクとの兼ね合いにより算定されますので、ボラティリティの高い株式であれば株主資本コストは高くなるといえるでしょう。その意味で、株主資本コストが最も高くなりうるのはベンチャーキャピタルによる投資になるかと思います。

このようにWACC(加重平均資本コスト)は性質の異なる2種類のコストで構成されますので、これらのバランスを考慮した上で、資本コストを最適化することは会社経営において重要な要素の1つになります。 一般的に負債コストの方が株主資本コストよりも低いので、負債比率が高い程資本コストは低下します。しかしながら、負債比率を上げ過ぎるとそもそも借り入れが難しくなりますし、極端に負債比率の大きい企業は財務体制が不安視される可能性もあります。従って、負債比率を極端に上げることなく、バランスよく株式での調達も混ぜる必要が出ます。

WACC(加重平均資本コスト)がビジネスで登場する場面
WACC(加重平均資本コスト)の概要がわかったところで次に、WACCがどのような場面でどんな方法で使用されるのかを学んでみましょう!
WACCとペアで使われる概念として代表的なのはROIC(投下資本利益率/英:Return on Invested Capital/ロイック)です。ROIC(投下資本利益率)とは企業の活動や事業に使ったお金が、投資額に対しどれだけの割合でリターンを出しているかを計算する方法の一つです。計算方法は税引後営業利益を負債額と資本金額で割るという極めて簡単なものです。これは株主を筆頭にしたステークホルダーが、その会社の評価する大きな指標の一つです。

つまり、WACC(加重平均資本コスト)すなわち、事業を行うためのお金を調達するためのコストが、ROIC、事業によって得られたリターンを上回るということは避けなければならないという結論が得られます。従って、WACCはその事業のROICと比較して、事業投資に値するものかどうかを図る指標になります。このことを意味して、WACCはその事業が超えるべき収益性のハードル、すなわちハードルレートと呼ばれることもあります。
WACC(加重平均資本コスト)を算出した上で、既存の事業や新しく行おうとしている事業のROICがそれより低く出てしまう用であれば、その事業の収益体制やビジネスモデルには一考の余地があるということかもしれません。

WACC(加重平均資本コスト)の意味を知った上で、計算方法や算出式をご紹介!
WACC(加重平均資本コスト)の式

上記がWACC(加重平均資本コスト)の計算式になります。WACCの算出方法は比較的簡単ですが、1点気を付けなければならない点があります。
それは、負債コストの金額を算出する際に、税率-1がかけられている点です。これは、負債コスト自体に節税効果があるためです。(金利費用は損金計上できるため、税控除を受けることができます。WACCの計算ではこの分をコストから差し引いて計算をする必要があります。)
このコスト削減効果を計算した上で、負債コストを算出し、別で算出した株主資本コストを足す、というのがWACCの算出方法になります。

WACC(加重平均資本コスト)の計算方法・例
WACC(加重平均資本コスト)の計算方法が分かったところで、実際に計算してみましょう。
例えば、資本金30億円、負債額15億円の会社があり、負債コストが5%、株主資本コストが10%、税率が30%だった場合のWACCを計算してみましょう。
まずは負債コストです。
5%×(1-30%)×15億÷(30億+15億)
=5%×70%×33%
=1.15%
になります。
次に株主資本コストです。
10%×30億÷(30億+15億)
=10%×66%
=6.6%
です。
従ってWACC(加重平均資本コスト)は

1.15%+6.6%で7.75%となります。

先述の通り、株主資本コストを算出するのが非常に難しい部分になりますが、それさえクリアできればWACC(加重平均資本コスト)の計算自体は極めて簡単に行うことができます。

WACC(加重平均資本コスト)を知って、自分のビジネスに生かそう!
事業の本質的価値を見抜く、経営人材に
WACCの計算方法が分かり、ROICとの関係性も分かって頂けたかと思います。
では、ご自身の会社の事業などにこれらの式を用いると、どうなるでしょうか?
答えは、その事業が評価に値するものか否かの判断軸が見えるということです。先にも述べた通り、WACCがROICを上回っている事業、すなわち投下する資本を集めてくるコストが、投下した際のリターンを上回っている事業は、収益性の改善や撤退など経営判断が必要になる場合があります。WACCを考慮に入れて、資本調達コストを最適化することも、CEOやCFOの大きな仕事ではありますが、ROICと対で指標化することによって、より実態に即した分析をすることができます。

ここまで読んでいただいた方にはわかると思いますが、WACC(加重平均資本コスト)は単体で意味を成す指標ではありません。負債コストや株主資本コストは景気などマクロな要因で変動する要素の強いものだからです。
先述のROICやROE、そのほか経営・会計用語もセットで勉強して、バリューのある経営人材を目指しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました